スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇捕食蛇

20140217.jpg

去年、冬眠に失敗した蛇を庭に埋葬したんだけど、コイツの中で血肉となって生き続けるという選択肢もあったのでは、と今にして思う。キングスネークの飼育者はその辺どうしているのだろう。


スポンサーサイト
2014-02-17 | Comments(0) | Trackback(0) | イ也

ピクセル指定をなんとなく間違えてみる回

20130607.jpg

3月初めに強制的に冬眠から目覚めさせてから冷凍ピンクマウスに一向に興味を示さないので、与えたマウスは翌日捨てることになる。そろそろもったいないオバケの出現が危惧される昨日、遅まきながらアシスト給餌に踏み切る。アシスト給餌はオーロラハウススネークの幼蛇である程度場数を踏んでいるので楽勝のはずが、シシバナの頑なな抵抗により不首尾に終わる。で、ケージに戻した途端マウスに齧り付くというオチ。どないやねん。何度か口吻にグリグリと押し付けたはずみでマウスが流血したので、食欲が刺激されたのかも。ただ自力で摂食したとはいえ本調子からは程遠いので、まだ安心はできない。9月から断食しているタマゴヘビについても手遅れになる前に強制給餌しないといけない。


2013-06-07 | Comments(0) | Trackback(0) | イ也

サン・ルイス・ポトシ・祭り

Peperomia monticola
20130606_Peperomia monticola

即売イベントでは滅多に見かけない貴重なペペロミアを先のBBでゲット。現物を見るのは2011年秋の神代以来2度目だと思う。販売店主曰く「ウチらで言うところの消耗品」。プロに消耗品と言わしめる長期栽培困難種。自生地はメキシコ中部サン・ルイス・ポトシ州の標高1600m程の高地。種小名は山の住人。シノニムに Peperomia umbilicata var. monticola


Lampropeltis mexicana mexicana
20130606_Lampropeltis mexicana mexicana

らん展後にハチクラに寄り、アクリルケージを奮発。グラナイト模様のサン・ルイス・ポト氏(雌雄不明)は終の住処を手に入れた。でもって飼い主の財布は軽くなった。


2013-06-06 | Comments(0) | Trackback(0) | イ也

鼻子(初診問診票上は名無し)

20130311_セイブシシバナヘビ

私 「かくかくしかじかで、こーなったんでしょうか?」
先生「かくかくしかじかで、こーなったんでしょう」


でした。


2013-03-11 | Trackback(0) | イ也

3月10日(日)は13:00から16:00の間、不在になる予定です。

たったの30分間庭で多肉いじりをしただけで、喉が超痛いんですけど。
きっと原因は防塵マスクじゃないと防げないっていう最近話題のアレだと思う。
アレだ、えーっと、江頭2:50だ。

今年の春は江頭2:50のせいで植え替えする気が全く起きません。

そんなわけで、家でおとなしく植物の記事でも書くことにするよ。



20130309_セイブシシバナヘビ

明日、御茶ノ水の某クリニックで診察してもらうことに。
鬼が出るか蛇が出るか。
快方に向かっているようだから、大事ないとは思うが。

「冬眠明けの蛇は得てしてこうなんですよ」

だよ、きっと・・・。


2013-03-09 | Trackback(0) | イ也

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。