スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い立ったがサカタのタネ

10月22日(土)~10月30日(日)までフェア開催中(でした)
まだの人は是非(時空を超越すれば行ける)

さて、29日(土)はF川店長の居る日。
冬型種の補充があると踏んで、行ったった。

らったらったーらったったー。

果たして、補充されていたよ、あれやこれや盛沢山。
イベント記事の常として、本来ならそれらをバーーンと掲載するところだけれど、
店内撮影禁止でカメラ持参せず。
だもんで、補完してちょ、想像で。

それじゃーあんまりだよ、無理難題だよ、と思わなくもなかったんで、

4万円のハエマンサスとディッキアがカッチョ良かったですよ?
カメラを持参していれば、絶対に隠し撮りしちゃってたですよ?

そんな補完の補完。

え、イジワルすぎですか、悪意が窺えますか、そうですか。

そうですね。

じゃあ、もうこうなったら、購入品を紹介することで、許しを請うしかないだろう。



Coleus azureus (Kenya)

見聞きしない属種、調べてみて、シソ科サヤバナ属の多年草と判明。
タニクスキーにとってシソ科で馴染みのある属といえば、プレクトラントゥスぐらいでは?
伏毛が密生する多肉葉と偽輪生が素敵ポインツ。
azureusは「空色の」の意。



Pelargonium luteorum (Stormslei,Cape)

塊根は地中に埋まり、三出複葉のみが顔をのぞかせる。実に珍妙。
葉の表裏に密生する長軟毛もイイ。
luteorumは「帯黄色の」の意。
黄色がかった花弁にちなんでいるんだね。



求めよ、さらば与えられ・・・じ。


スポンサーサイト

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。