スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のび太君のエッチー」

20111128.jpg


スポンサーサイト
2011-11-28 | Comments(0) | Trackback(0) | イ也

国際多肉植物協会の11月度例会へ

行けなかった。
にも拘らずこんなタイトルでごめんなたい。

アシスタントさんがF川さんの例会参加をツイッターで緊急告知したのが11時頃。
神奈川の僻地在住の私がそれに気付いたのが13時過ぎ。
F川さんの滞在は14時30分までらしいから、絶対に間に合わない。
晴海でお会いした時に教えてくだされば、駆けつけて売り上げUPに貢献しましたものを(笑
「晴海に来る前にちょっと寄ってくれないか」と会長から急遽打診でもされたのかな。

そんな訳でやさぐれたワタクシは迷惑防止条例に違反致しましたとさ。テヘッ



Crassula umbella
20111128_Crassula umbella_1

ようやく覚醒。



20111128_Crassula umbella_2

休眠前。学名の由来となっている散形総状花序(umbel-raceme)


晴海トリトンスクエアへ

掲題の建物内で開催中の「秋の洋ラン展 2011」に行ってきますた。

ラン展だけど、多肉植物や食虫植物も出店しています。
私の目的はもち多肉というかエリオ。


まずは多肉の出店の様子から。


石井商店ブース
20111126_石井商店


藤川商店ブース
20111126_藤川商店

写ってないけどチラもたくさんあったよ(もはやコレ常套句)

あとは、国際多肉植物の会長のブースも。


開店ダッシュでこれらのブースに駆け付けた時、客はおろか店長までもが不在でね。

お、もしや好機到来か!?

ってまさか?

冗談だってば。やましい事は何もしていない。
ただ、気兼ねなく写真を撮りまくったくらいで笑

どうやら渋滞に巻き込まれたらしく、30分程してF川店長到着、続いてI井店長。
会長は最後まで見かけなかったな。

そんな訳で、会長ブースの値札の付いていない植物を購入するお客さんには、
急遽、F川さんが値付けをして対応。

「ロックウッディは・・・3500円」ってな具合。



では、会場内で気になった植物たち。


Eriospermum dregei
20111126_Eriospermum dregei

いまだに目覚めてくれないっ。


Eriospermum folioliferum (Komaggus)
20111126_Eriospermum folioliferum

いまだに目覚めてくれないっ。


Eriospermum proliferum (ES 3080)
20111126_Eriospermum proliferum

BB後に目覚めたんだけど、早くも付属器が褐色してきてヤバい。


エリオは他にパラドクサム、アフィルム、ベイエリがあって大充実。


Gethyllis sp. (Sandkraal,Hairly leaves,Probably new)
20111126_Gethyllis sp. (Sandkraal,Hairly leaves,Probably new)

匍匐するばかりのウチのひよっこ株も数年後には画像のように斜上するのか。結構いい感じじゃん。


Gethyllis verticillata (Kosies,Namaqualand)
20111126_Gethyllis verticillata (Kosies,Namaqualand)

注文してから音沙汰がないけど大丈夫だろうか。


Ornithogalam hallii
20111126_Ornithogalam hallii

それ程面白い草姿ではないと思うが、初めて見たのでつい。


Euphorbia gorgonis
20111126_Euphorbia gorgonis

BBのセリ荷で見かけた記憶がある。ここにあるってことは・・・。
最後まで迷ったが、来春、安価で輸入できるだろうから、と我慢。
ちなみに500円では買えないよコレ。


卵も少しだけ撮影。
属種名は控えなかったので画像オンリー。


20111126_蘭1


20111126_蘭2


20111126_蘭3


購入した植物、葉っぱ1枚のエリオ、の紹介は気が向いた時にでも。


エリオスペルマム未命名種その3

先週末、某オクに出品されたエリオ約10種を巡り、
一部マニヤたちの間で熾烈な争奪戦が繰り広げられた。

高値更新の嵐が吹き荒れる終了間際、
矢も盾もたまらず駆け込み入札をして、
指を咥えて傍観する立場から一転当事者に。

その結果、最不人気種だけど1種だけ、落札でけた!
5k越えたけど笑

orz=З



20111125_Eriospermum sp. Zandkraal

南アからの新着で季節を間違えているとのこと。

休眠直後と思うが、植えつけて水遣りしてみた。
さらに季節を間違えて起き出すかもーなんて。

有柄葉、lanceifolium(=皮針系の葉)。



Haemanthus lanceifolius
20111125_Haemanthus lanceifolius

こんな感じの葉が出てくるはず。
これは無柄葉だけど。

ハエマンサスはlanceifolius、エリオはlanceifoliumとなるのがミソ。

そうだ、落札したエリオはlanceifoliumではなくてspです。
lanceifoliumは葉の特徴を伝えるために引き合いに出しただけです。


で、だ。
本題は次のエリオなのさ。


Eriospermum sp. (Pofadder,NW.Cape)
20111125_Eriospermum sp.(Pofadder,NW.Cape)

秋のBBで入手したナゾのエリオ。
産地のPofadderは、スプリングボクからほど近いケープ州北東部の小さな町。
アフリカーンス語(南アの公用語のひとつ)では町名を"puff adder"と呼ぶらしい!?

パフアダーはクサリヘビ科アフリカアダー属の毒蛇のこと。
世界のヘビ図鑑』に掲載されているのでちょっと引用してみると、

「分布域は熱帯雨林や砂漠を除くアフリカ大陸全域」
「アフリカで最も被害の多い毒蛇」
「大型個体の毒量は非常に多く、噛まれた直後から血清を打ち続けても助からなかった例があるほど」

さらに(以下が非常に重要)

「丈夫で餌付きも良いが、太い体形に反してあまり大きな餌を与えると消化できずに吐き戻すことがある」

いやー、役に立つ情報満載w


一度吐き戻す癖が付くと長期飼育が困難になると思われるので、
皆しゃん、餌付けには十分ご注意くだされ!!(ちっさめの餌でヨロシクッ)

言えたっ♪


風、ときどき土にダイブ

2週間くらい前に多肉植物売り場がリニューアルされたOFP。
行きたいけれど遠いからなーと二の足を踏んでいたのだが、
昨日、ツイッターで、サルヒトの「OFPにF川ブランドの球根があった」
と解釈できる呟きを見て踏ん切りがつき、新たな冬型球根入荷の期待を胸に、
今日行ってきた。
道中、電車の中で、恒川氏の最新刊(といっても刊行は1年以上前)を読む。
これが実に面白くてのめり込み、すんでのところで乗り過ごすところだった。
まあ有意義なひと時で。
例え、目当てのF川ブランドの球根がなかったとしても、徒労ではないさ!

そうやって慰めるしかないっていうねw

つまり、目当てのものは絶無だったわけです、殺人的なまでに。
ま、電話で問い合わせりゃ一発で済むって言われればそれまでの話。

で、だ。
リニューアルされた売り場は先月のフェア会場とほぼ同じ場所。
日当たりが悪く、徒長にはうってつけで、球根類はちと厳しいかなーって感じの。
これじゃ冬型球根の入荷はないかもと不安を抱きつつ、
品揃えは先月のフェア時と同じだったから(多分)、早々に立ち去り、温室の方へ。

温室の片隅には、レデボ、ドリミ、キルたん等々、
今春入荷分の売れ残りと先月のフェアの売れ残りが置いてあった。
恐らく幾度も手に取ったであろうそれらを今一度手に取りしげしげと眺め、
折角来たんだから記念に、とそのままレジに向かいそうになる自分を戒めつつ、

結局、植物は何も購入せずOFPを後に。



20111120.jpg

植物の代わりに(と言ってはアレだけど)、
ルビダの傾きつつある花茎を支えるための支柱を購入。
(支柱の自作とか面倒で無理!なヒトなのでー)

で、「支柱挿すべー」とベランダに出てみて、ルビダ鉢の異変に気づいた。



Lachenalia rubida (Red leaf)
20111120_Lachenalia rubida_1

既に何か刺さってる!
良く見たらドルス・ザンジバリカの枝がダイブしてる?
ナゾだ。
昨夜吹き荒れた風が枝を折って行った、とは考えられる。
しかし、折ることはできてもダイブさす芸当など、てんで無理なはず。
であれば、
自分の意思でダイブしたか、あるいは誰かがグリグリねじ込んだか。
もちろん後者であり、私はプンスカ、プンスカ、スカプンプンであります。
犯人は、私か、母か、飼いヘビか。
って私じゃないし、飼いヘビでもないし(そんな芸当仕込んでないので!?)

後で母に尋ねたところ、
ポキリン(折れた枝のこと)を拾い上げて、近くのルビダ鉢に挿したとのこと。
ポキリンとは言ってなかったか・・・。

さて、どうしたもんだ。
面白いからそのままにしてみようかw



20111120_Lachenalia rubida_2

1ヶ月前はこんな感じ。
球根植物の何が楽しいかって、萌芽から開花に至るまでがあっという間で、
その生長っぷりが手に取るように分かることですよねー♪

って気付いたら開花していた訳だが!
・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。