スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーん

やる気ねーなタイトル。

20120229.jpg

昨年の世界らん展で入手したコリバスは水遣りが面倒になり途中で栽培放棄。
そんな苦い過去と決別するべく懲りもせず今年も同じブースで入手してしまった。

俗に言うヘルメットオーキッド。
なんのこっちゃてタニクスキーさんに、以下某書からの引用。

背萼片は中央の大きく広い唇弁に被さり、兜状。

これでイメージ湧きましたね?w


今回でらんの記事3連投(と書くには若干間隔が空いたが)
そろそろ多肉が恋しくなってきたので、
次回はHで始まる多肉(といったらアレしかないよね)でもネタにしようか!
題して『H大好き』。
なんだか誤解を生みかねないタイトル、つーかそれしか生まないw


スポンサーサイト

ランランラ

先日、仕事場のトイレに入ると、手洗い場所で困惑気味に佇む男と目が合った。
男は私の姿を認めた途端、濡れた両手の甲をオペ前の執刀医よろしくかざして問うた。
「乾燥機どこやねん?」
不意を突かれ、返答に窮するも、なんとか一言「ナッシング」と伝えた。
どうやらそれで意味が通じたらしく、「オーナッシング!」と納得した様子でトイレを後に。

そう、男は日本人にあらず。関西弁は意訳である。

「このトイレには乾燥機が設置されていないので、自然乾燥させるしかない」
頭に浮かんだそれが翻訳されることはないのであった・・・。


そんな訳で今回は、世界のらん展はエクアジェネラで購入したらんを紹介。
え、前置きと全然関係ねーじゃんて?
実は、男はエクアジェネラの店主似だったのさ(笑)


Pleurothallis phymatodea
20120223_Pleurothallis phymatodea

中南米に1100種以上が分布する大属プレウロタリス。
耐乾性・耐暑性ともに弱く、栽培はやや難しい。
空中湿度の高い環境を好むらしいので、
春と秋は風呂場のチランジア部隊に編入させるのも悪くはないかも。
鬼門は夏。
メセンぐらい耐乾性があれば断水で楽勝なんだけどなー。


世界のらん展じゃなく、世界らん展だったのか。不覚。


昨日は・・・

20120219_0.jpg


というわけで、展を彩る絢爛豪華な花の数々をご覧いただきたく存じます。
(花以外の画像も一部ございます)


20120219_1.jpg



20120219_2.jpg



20120219_3.jpg



20120219_6.jpg

美しい着物を着た平安美人。



20120219_4.jpg

ボタニカルアート。



20120219_5.jpg

らんを題材にした俳句。「5・7・5にするのはちょっと難しかったです」との説明あり。



おなかいっぱいになったでしょうか。そうですか。それは良かった(笑)



以下、らんの花とは全然関係のない、人によってはなんのこっちゃ?て話。

ンゴと友達になりたいと望むルアキーに対し、「ムリだね」と一蹴するイルミ。
お気に入りのシーンで、昔見たフジ版では鳥肌が立ったのを覚えている。
でさ、今日、日テレ版を見たんだけど、やけにあっさりとしていたような。
こんなもんだっけ。鳥肌なんて全然。
放送後、両者の違いが気になり、DVD全巻セットをポチッた。
それだけ。


2か月半ぶりの食事

まずは今日の THE 緑的活動の報告から。


(1)某隔月刊誌の早春号の購読

こんなの緑的活動の範疇に属さんだろーと、「緑的活動を真剣に考える会」から物言いが付き、現在審議中であります。



(2)年初輸入球根の植え付け

20120213_Crossyne guttata

機は熟した。ってか熟しすぎた。


植え付けたのはどっちかな?

20120213_1.jpg


正解者の中から抽選で1名様に、



再生する権利を差し上げます(笑)



さて、タイトルにある通り、誰かさんが誰かさんを食べました。
その模様を以下に掲載するので、苦手な人は注意されたし。



































































































オツカレー。ただいま100行目。あとたったの100行だからガンバッテ!

















































20120213_2.jpg

なんちゃってー。50行目。


解散て



先日、ヤフートピックス(トップページのアレね)で、解散を知った。
マジか!
悪い冗談であってほしい。
日が暮れたから今日はもう解散、また明日~みたいな?
そんなわけにはいかないか(笑)

数多の名曲を生み出した彼女たち。
一番好きな『瑠璃色』は海底に沈んでしまったらしい。発見できず。
代わりに、次点の、海面に浮かんでいたこの曲で。






好きなバンドのPVをもうひとつ。
矢継ぎ早に開く襖、上のPVにインスパイアされたと睨んでいるがどうか。(知るかって?)


チャートを賑わす当たり障りのない楽曲(悪く言えば有象無象、よく言えば玉石混交)に飽きたら、いかがでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。