スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eriospermum ornithogaloides

たかが一葉、されど一葉。


20120527_Eriospermum ornithogaloides_1
2012/05/10 07:11:10


20120527_Eriospermum ornithogaloides_2
2012/05/16 07:12:34


20120527_Eriospermum ornithogaloides_3
2012/05/20 10:46:02


20120527_Eriospermum ornithogaloides_4
2012/05/10 07:17:22


20120527_Eriospermum ornithogaloides_5
2012/05/27 07:19:16


10mm四方のマス目に収まる葉身。
生長しても基部から先端まで35mm、幅28mmと、かなり小さい(もののほん調べ)。
葉表面には繊毛のような毛(付属器ではない模様)が生えている。

サイズといい毛といい、属中でも特異な存在である!
と断言しても差し支えない気がしないでもない。


スポンサーサイト

アカハライエガーツヤヘビ

Liophis jaegeri coralliventris
20120526_アカハライエガーツヤヘビ_1

先週の東レプでひとめ惚れして衝動買い。
とはいえ、もちろん説明を聞いて飼育可能と判断したわけだけど。



20120526_アカハライエガーツヤヘビ_2

冷凍ピンクマウスSの頭部で給餌を試みるが、興味を示さない、近付けると逃げる。
じゃあさと、急遽近所の熱帯魚屋で黒メダカ(5匹525円)を調達。
その後、メダカの飼育器具一式を揃えるべく立ち寄ったホムセンで、普通メダカ10匹が500円でお釣りが来ることを知ったorz
贅沢は今回だけ。
次からは普通のメダカを与えるつもりだが、高級食材に味をしめて「安物は口に合わん、断る」などと言い出したらどうしよう。んなアホな。


今日、帰りに寄ったハチクラで、同種が店頭に並んでいたので、お話を少し伺った。

昨年末に国内初流通(10匹程)、今春2度目の流通(数は不明)。
ともにCB個体。
なんでも同種のみをブリードする人がドイツにいて、その人に最近商売気が出てきて、ようやく求めやすい仕入れ値で買い付けが出来るようになったとか。
それまでは法外な値段を吹っ掛けていたのか?(そこまで立ち入って聞かなかった)。
ハチクラでは初流通時に4匹、2度目に2匹を確保したとのこと。
2度目のときは「奇跡の再入荷」とブログにある。

店頭に並んでいたのは2度目の2匹のみ。
価格は2匹とも諭吉4枚+α。
ちょっと値が張るけどいかがでしょう。
金欠でも問題ないと思われる。
たった数か月断食すれば買える!
・・・。
ちなみに私は東レプ特価の恩恵に与り、断食せずに済んだ(笑)


最後に。


20120526_サンフランシスコガータースネーク

あわわ。今日から断食決定。ペアではない(狙ってはいるが)。来月のカード請求が恐い。


大船サボタニ展他

20120523_02.jpg

20120523_04.jpg

20120523_05.jpg

20120523_03.jpg

20120523_06.jpg

20120523_07.jpg

20120523_08.jpg

20120523_09.jpg

20120523_11.jpg

凌駕。

ナントカ法師と
ナントカックと
ナントカガエルと
ナントカカメレオンと
ナントカハズクと
ナントカガエルと
ナントカック再びと
Heterodon nasicusと


最初で最後の釈明

今日は一日中2012年5月19日(土)でした。
明日はきっと2012年5月20日(日)になるでしょう。

10日ぶりの記事。
更新間隔がすこおし空いちゃったのは、そんな訳です。

冒頭2行で事情は大体察してもらえたと思います。
それでも、どんな訳です?と疑問に思われないとも限らないので念のため説明しておきましょう。
実は私、暦予報士の資格を取得するべく、日夜カレンダと睨めっこしておりました、ええ。
睨めっこは当分(飽きるまで)続く予定。
そんな訳で、もし次の更新が冬型球根の覚醒時分まで空くとしたら、そんな訳です。

んなアホなー。

記事のタイトルは、開き直ったとの解釈で差し支えない・・・よ?


さて、今日と明日の2日間、都内某所にて、爬虫類とか両生類、奇蟲、小動物などの大規模な即売イベントが開催中。
今朝見た蛇が脱走する夢は、あと1匹くらい増やしても何とかなるさーと向こう見ずな私への警鐘だッたのかもしれないが、これを書いている現在、手元には新たな・・・いや何でもない。イヒ。





言わずと知れた90年代フロアアンセム。
エウレカ続編の第一話タイトルは当曲に因む(と思う)。


久々の記事で、何かを忘れている気がしてならない!


Sarcocaulon multifidum bas. Monsonia multifida

遅ればせながら、GWあけまし・・・ておめでとうございます。(若干の違和感は禁じ得ない)

Sarcocaulon multifidum bas. Monsonia multifida_02

multi-(=多い)fidum(=中裂の)

先日輸入したサルコは3種。
ヘレーとパターソニーは既に紹介(したような気が)しているので、最後にむちぷりムルチを。

何故か1株だけ旧分類名「モンソニア」の名札が付いていて『ん?』みたいな@春のオザキ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。