スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のBB!

まあ仕方ないよ。
夏型球根はシーズンイン直前だし、冬型球根はシーズンオフ直前だし。
時期が微妙だったということ。
そんなわけでBBで開催された五反田を予定より早くおいとまする。
最近ではBB後ハチクラにある中野をハシゴするのが習慣になっているが、開店まで時間たっぷり。
暇潰しのアテもないし、寒いし、雨も降りそうだしで、迷う。



種小名は長軟毛のある。
今更これに手を出すのかよ、と思わず突っ込みたくなる6月で多肉歴3年目に突入する自分であった。
この手の植物は苦手。
夏を越せたとしても、夏の被ダメ回復前に次の夏到来、ってサイクルの予感。
画像はいつ掲載するか?今でしょ。


スポンサーサイト

ふにゃあ

木曜だか金曜だかに某国のオンラインショップの開店日がようやく判明した。
3月31日。
その日は休みだ。ウシャー!
でもすぐに4月3日に延期されてしまった。ガックリ。

注文しないのに、なぜか一喜一憂している。



Haworthia marmorata MH03-205 Tierberg
20130331_Haworthia marmorata

先日のハオフェスでディモルファっぽいなと偶然手に取ったもの。
マルモラータ?マの字も知らない。
種小名は、雑色の、大理石模様の、頑張れば阿弥陀くじができる模様の。
2.5号鉢の中央にちょこんと座っている。てか今日座らせた。
店主が親指と人差し指で輪っかを作り、このぐらいまで大きくなる、と言っていた。
ぜひともそこまで無事に育って欲しい。
親指と人差し指で輪っかを作り、このぐらいまで大きくなる。
大事だから2回。


さて、今日は夏型多肉球根の植替えを実施。
お前いい加減植替えしろよ、とエガちゃんに頭突きされたら、そりゃ重い腰も上がるというもの。


20130331_1.jpg

20130331_2.jpg

昨年の夏型種の輸入過多のあおりで夏型多肉球根はすべて軒下越冬という憂き目を見ることに。
氷点下だったり風雨が吹き込んだりで生存率が気がかり。
いざ蓋を開けてみれば・・・脱落株なし。みんな絶えてくれた(誤変換)
唯一 D.purpurea の一部、5球の内2球、が深手を負ったっぽいが、よく増殖するのでさほど問題ではない。
強健種のL.hypoxioides に至っては落葉すらしていない。
後は戸外越冬による悪影響が如何ほどのものか、今季は要注視。と言いつつ放置。

ど素人による生死判定につき、実は死んでた!なんてことは十二分にありえるわけで、そこんとこヨロシク。

そういえば開店日の4月3日はタマタマ休みだった。ウシャー。
とはいえ時差があるから開店は日本時間で3日の深夜になるだろう。
過去2年の経験から鑑みれば4日の早朝にずれ込む可能性も無きにしも非ず。
ってことで万全を期するなら4日もタマタマ休みでないと!

注文しないのに、なぜかあれこれと画策している。


Dicrocaulon ramulosum

20130328_Dicrocaulon ramulosum

ハムショーやブラックアウト、某屋上フェア、ハオ協フェスなど、今月はイベントが目白押し。
更に、6月の第一週と11月の第一週に開催されるBBが今年(から?)は3月末にも開催される。
もう今月は財布がいくらあっても足りないお金がいくらあっても足りないの間違い。
故にBBの開催を少し先延ばしにしてもらえると助かるのだが。
例えば6月の第一週でいいからさ。


ピンクマウスはまだか?

終点まで寝過ごし、折り返してまた寝過ごしとか、
ピンクマウスSを切らしているのに気付かないとか、
離乳食をイリュージョンと空耳するとか、
最終話がコウガミとマキシマの直接対決シーンから始まり『何この急展開』と面食らったけど、後になって前話未見なことに気付くとか、

忙しくて疲労が溜まると、上記事象が発生し得る。


昨日というか今日というか、のこと。
車掌に肩を叩かれて条件反射で謝りホームに飛び出す。
ここどこ?和光市駅!
駅のホームとはいえ人生初埼玉の地を踏む。
有楽町駅で降りる予定が、16駅ほど寝過ごしてしまったようだ。
間もなく深夜0時。帰宅困難確定。
悄然と池袋駅まで折り返す。
池袋駅で品川行の山手線に、品川駅で蒲田行の京浜東北線に乗り換える。
満喫で時間を潰そう。
蒲田駅を出てとりあえず右方向へ歩き出す(場所は知らないので勘が頼り)
すると、東南アジア系のおばさんが「マッサージ気持ちいいよ、3000円だけ」と付きまとってくる。
何度も断っているのに諦めが悪い。
時折現地語で何やら言っている。
罵って溜飲を下げているとみた。
終いには袖を引かれて引き留められる。
遂に堪忍袋の緒が切れた私が右アッパーを放つと、おばさん大気圏突入。脳内で。
歩みを速めたら諦めて離れて行った。
ここだけの話、ちょっとだけ心が動いてしまった。
東海道線の人身事故の巻き添えで京浜東北線の最終電車が遅れ、満喫到着は1時45分。
始発は確か4時半頃だったから、3時間パックでお釣りが来る。
満喫で3時間パックを満喫。
おーい山田君、座布団100枚家族総出で持ってきて。

今、ピンクマウスの到着を待ちながら書いている。



植物や蛇の画像?そんなものは用意していない。


ハオ狂フェス

会場は、爬虫類好きにはトウレプでお馴染みのTRCセンタービル。

20130323_アカハライエガーツヤヘビ

マルマルモリモリみんな食べるよ。
勘違いする人はいないと思うが念のため。舌ではなくマウスの足!

トウレプといえば、昨年のトウレプで購入したこのツヤヘビ。
冬に若干の拒食期間があったものの、概ね順調に大人の階段を上っている。
購入時点では国内流通僅かだったが、最近ではハムショー便の定番としてコンスタントに流通。
先のハムショー便でもハチクラが入荷していたので、5月のトウレプで販売される可能性高し。
購入したのはレデボ2種、ペラ1種、マルモラータとかいうハオ1種。
一葉一枚でも購入不可の高嶺の花 Ledebouria undulata が破格のワンコイン。
最初信じられず何度も目をゴシゴシしたりシロクロさせたりしていたら、横から1鉢持っていかれ、慌ててラスイチとなったこの鉢をゲット。
この鉢がどの鉢かは不明だが。
あと輸入球と見紛う D.crispa もワンコインで心が動くが、ゾチカ待ちということにしておく。

それにしても、まさかのハオ記事連投である。
ハオはこれまでほとんど記事にしてこなかったので、珍事と言って差し支えないだろう。
明日の天気が晴れ時々隕石であっても何ら不思議ではない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。