スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drimia platyphylla

20131031_Drimia platyphylla

皆様に朗報。とうの昔に諦めていた夏休みが、11月に2日間だけ貰えるらしい。拍手。砂浜でスイカを割ったり、山でクワガタやカブトを採ったりと、楽しみは尽きない。


スポンサーサイト

キルラキル第四話 主人公の登校シーンより

20131028_1.jpg

20131028_2.jpg

20131028_3.jpg

津波注意報も生徒と一緒に吹き飛んでいれば、神回になったはずだ。惜しい。


Eriospermum villosum

20131028_Eriospermum villosum_1

20131028_Eriospermum villosum_2

種小名のビローサムは、「長軟毛がビローンッッ」から来てるんですかね?それとも「villose」から来てるんですかね?どっちでもいいや。


Eriospermum sp.

20131027_Eriospermum sp._1

20131027_Eriospermum sp._2

一昨年秋の某屋上フェアで入手したエリオの一種。夏型。大分生長してきたことでもあるし、そろそろ種の同定に挑んでみよう。花は未見だから無謀だけど。とりあえず葉と塊茎の形状から E.brevipesE.breviscapumE.porphyriumE.zeyheri を候補に挙げてみるけど、E.brevipesE.breviscapum は塊茎が横長、 E.zeyheri は葉がより肉厚で心臓形、E.porphyrium は葉も塊茎も似るが、生長点が塊茎の基部ではなく側生。結局どれも違うような気がする。終わり。

追記1:塊茎を埋める方向が間違っていて、実は E.brevipes だったなんてオチだけは止めてもらいたい、腐るほど持ってるんで。

追記2:出葉期間を考慮すれば、候補は E.brevipesE.porphyrium だけになるじゃないか。

追記3:あと、穴がどうしても気になる。

追記4:結論から言うと、葉と塊茎だけじゃ種の同定は時期尚早。


Dorstenia barnimiana var. telekii

20131027_Dorstenia barnimiana var. telekii

そろそろ最低気温が一桁台してもおかしくない頃だ。ドルステニアは寒さに弱いけど、まだまだ屋外に出しっぱなしにしても大丈夫なんてタカを括っていると、ある日突然逝ったりして痛い目を見ることになるんだよなあ。でもよくよく考えてみたら、そんな経験は未だかつてしたことないなあ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。