スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人は「クモもん」に改名するとかしないとか

今日Sheilam便が着荷。
Sheilamは初めてで、当たって砕けろで注文してみたら、そのような障壁はどこにも見当たらなかったような。
むしろスペインの某業者の方がオーダーフォームが用意されていない分面倒だった。

南アの国際交換局の発送から着荷までわずか6日ほど。
これは個人輸入歴3年にして多分最短。
(時期的に全然心配していなかったが)死着はなし。


Haworthia arachnoidea
20140525_1.jpg

Sheilamが13鉢、先日輸入したSTCが5鉢。
当種に限らず、STCは総じて幼苗だったが、Sheilamはある程度育った苗が多かった。

変種ニグリカンスが欠品により1株しか輸入できなかったのは痛い(面倒だから追加注文はせず)。


あと・・・


20140525_2.jpg

なんかちがうの来ちゃった?
素人目にもディモルファじゃないのは明白。

ニグといい、ディモといい・・・もいっかい輸入したろかー(いやしないけど)。


スポンサーサイト

Cyrtanthus helictus

前回の東レプの記事において、警告せず唐突に奇蟲の画像を連投してしまい、耐性のない方におかれましては不快な思いをされたことと存じます。ここに謹んでお詫び申しあーそういえば東レプで購入した生体の紹介がまだだったよね。


20140525_Cyrtanthus helictus_1

一週間前。



20140525_Cyrtanthus helictus_2

昨日。


種小名の通り葉は螺旋状に展開する。草姿はさしずめ葉幅の狭いC.spiralisといったところ。


セカチュー

20140518_1.jpg

ウデムシ(チュドーン)。



20140518_2.jpg

サソリモドキ(ズババーン)。



20140518_3.jpg

ヒヨケムシ(ドンガラガッシャーン)。



効果音に意味はない。



あとこんなのも・・・。



20140518_4.jpg

ヒヨコムシ(ピヨピヨ)。



そんなわけで、東レプ初日に行ってきました。
石を投げれば奇虫に当たるといっても過言ではあるくらいたくさんの奇虫がいたなー。
開場10分後に会場に到着したんだけど、入場待ちの長蛇の列が凄いのなんのって。多分874人位。


もちろん数えてないけど(3人目で諦めたー)。



最後に、おいくら百数十万円?なこんなオカタを。もといおタカを。


20140318_5.jpg

コウモリハヤブサ(だっけ?)


Haworthia latispina n.n. (sensu Breuer) 14km SWW of Prince Albert IB5328, VDV 451 (?)

Haworthia latispina

ハオフェスの入り口で氏名を記帳する際、警戒心の強い私は「空条承太郎」ではなく「空条Q太郎」と偽名にしちゃったよね。























































































チ○コ

Tylecodon pearsonii
20140510_Tylecodon pearsonii

左:犬並みのチ○コ。2.5号鉢。
右:馬並みのチ○コ。3号鉢あるいは3.5号鉢。

鉢のサイズなんてどうでもよかった。

誤解を招きかねないので伏字は使用したくないのだが、当属名を略称するときは伏字にする決まりだから、不承不承・・・。

















































































なんちゃって。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。