神代植物公園、んと多肉植物展

20121001_1.jpg

開園凸でもないのにこの閑散振りは一体どうしたことか。
写真のおじさまが出展側でなければ、客は一人もいないことに。



20121001_2.jpg

「水は出ますか?」
「想いが通じれば」



Fouquieria purpusii
20121001Fouquieria purpusii

メキシコでは普通に見られる共演なのだろう。
そういえば会長ブースに1冊だけ置かれたティラ・ハン改訂版はもう売れちゃったのだろうか?



Dorstenia barminiana
20121001Dorstenia barminiana

人気種。ゾチカでも産地違い3タイプが瞬時に売り切れたと記憶。もちろん私は・・・グヘヘ。



Ledebouria leptophylla
20121001Ledebouria leptphylla

6月のBBでの販売が記憶に新しい。leptoはギリシャ語の接頭辞で「薄い、細い、弱い」の意。



Haemanthus dasyphyllus
20121001Haemanthus dasyphyllus

phyllusは「葉っぱ」。dasyはギリシャ語の接頭辞で「粗毛の」。確かにそんな感じがしませんか?



Adenia kirkii
20121001Adenia kirkii

日照が不足すると蔓ばっか伸びてなかなか葉が展開しやしねぇでお馴染みの。



20121001Adenia epigea

20121001Adenia aculeata

両方sp.で出展されていた(と記憶している)けど、epigeaとaculeataに似ているような。



Tylecodon
20121001Tylecodon buchholzianus

チ○コ。



最後の方が若干おざなりなのは、ご愛嬌。



以下、他に気になったものや購入したのもなど(の一部)。



Haemanthus humilis
20121001Haemanthus humilis

ブルンスビギアを連想してもうたー。



Euphorbia horwoodii
20121001Euphorbia horwoodii_1

ゾチカ3rd Updの目玉のひとつであったことに異論のある人はいないだろうが万一いたら挙手(下ろして良いと言うまで)。
実根ものは超希少ゆえ、欲しい人は諭吉を持参するべき。



20121001Euphorbia horwoodii_2

実は柱状種。



20121001_3.jpg

右:エリオスペルマムの一種。
未聞の産地に「with crincle leaf」とくれば、期待するなと言う方が無理。
エリオのsp.はあと一種あったが金曜に売れてしまったらしい。
世の中には知らない方が幸せなことが確実にある・・・。

中:エリオスペルマム・ドレゲイ
ぶっちゃけ保険だが、本命に昇格する可能性を秘めてもいる。



Pelargonium alternans
20121001Pelargonium alternans

掘り出し物。このサイズで2kちょいは破格と言える値段。
去年の春、某オザキでは一枝でこれ以上の(以下略



Euphorbia bemarahaensis
20121001Euphorbia bemarahaensis_1

20121001Euphorbia bemarahaensis_2

茎が段平状の変わったユーフォ。
海外の栽培家から4枝だけ譲ってもらったそうで国内初流通とのこと。
自生地のマダガスカルでは既に絶えたらしい。

実にガクブルであーる。

などとふざけている場合ではない。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード