Crassula alcicornis (Rooiberg,Eksteenfontein)

私なのです。

前置きは、あとで掲載する植物と深い関わりがあるので、読み飛ばしちゃイヤなのです。

さて、『ささみさN@がNばらない』という深夜アニメの第2話が面白い。
第1話は途中からイミフな展開で、第2話を見るか迷ったが、見なかったら一生後悔していただろう(そもそも見かったら後悔することもないのだが)。
エンディングテーマを主人公に歌わせようとする試みも斬新(主人公はがんばらないので当然歌うのを拒否)。
「明日からがんばる」、「自宅警備員」、「働いたら負け」といった各話のタイトルは、「いつやるか?今でしょ」に対するアンチテーゼといえる(はずはない)。
このアニメのキャッチコピーを付けるとしたら、「いつやるか?今際の際でしょ」になるか。

面白かったのは第2話だけ、なんてことにならなければ良いのだが。

以下、アニメの1シーン。

妹 「にょっ、尿意が・・・」
姉 「先に済ましとけよ」
妹 「えーっ。○○姉、付いてきてー」
姉 「小学生なんだからトイレ位ひとりで行けるだろ?」
妹 「悲しい事実だけど人類はまだその段階に至っていないのだ」

なるほど。断られたときの切り返しが大変参考になる。



20130120_Crassula alcicornis

肉厚でない葉が地表に2枚展開する(年季が入ると3枚以上展開する模様)、マッソニアのようなクラッスラ。
まだ小指の爪サイズ。
種小名は「ヘラジカの角のような」。
某写真集には未掲載だから、知名度は低いと思われる。
この手のクラは他に C.capensisC.saxifraga があり、イベントではF川商店やルチアでよく見かける。



20130120_1.jpg

C.saxifragaは眠ったまま。どの鉢だかは忘れた。だって初心者だから。
そこでベテランさんにお尋ねします。どの鉢でしたっけ?


C.capensisは徒長気味なので、掲載は控えることとする。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード