スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリオスペルマム・ベイエリ 開花

本葉から生えた付属突起物やモショアモショアな軟毛などが
私を惹きつけて止まないエリオ。
ウチではパラドクサムを除き、今のところ動き出す気配なし。
はよ起きんかいっ、と表土が乾くたびにザバザバと水遣りすれば、
今日のような9月の陽気が突然ぶり返し、腐っちまうだろーと戦々恐々。

身体に悪い。

付属突起物もモショアもない雑草ライクなエリオなら全員覚醒済み。
そこで今回は掲題種に登場願わん。



Eriosperumum bayeri
20111024_Eriospermum bayeri _1

「わ、何か出てきたよーママンッ!」と慌てふためく10月8日。



20111024_Eriospermum bayeri _2

「なんだぁ葉っぱかよっ!」と胸を撫で下ろす10月22日。

皮針形の葉身が直立(というか斜上か)するだけっていうね。
全縁に近い葉縁は、このあと緩やかな波状になる(はず)



20111024_Eriospermum bayeri _3

花盛り。
花序軸に有柄の花が多数、均等につく。
つまり、○○花序。
さあ、伏字に該当する語句を、以下の選択肢から選んでみようじゃないかベイベー。



(1)総状



お分かりになりましたでせうか。
無理ってヒトには特別に答えをお教えします↓ 反転プリーズ。
(1)総状



20111024_Eriospermum bayeri _4

PGとWのCがB、であります。



20111024_Eriospermum bayeri _5

ペイルグリーンとホワイトのコントラストがビューティフル。
観賞価値は低いと思うが。



掲題種は検索しても、国内サイトはほとんどヒットなし。
(誰かさんのふざけたブログならヒット)
まあね。
そりゃそーだ。
こんな地味な植物に大枚を叩く物好きなんて、そうはいないさ。

ところで、
とある文献の塊茎に関する記述を紐解くと、
「西洋ナシ形、不規則に並ぶコブが、ぱねえっす、やばいっす」(若干意訳あり)

どうやら「実はワタシ、脱いだら凄いんです!」らしい。

心拍数、急上昇!

思えば、腫れ物に触るように扱ってきたので、
年初に購入してから一度も塊茎を見ていなかった。

グロテスクなイモがコンニチワ。

そんな夢想で辛い平日をやり過ごし、今週末、土をほじくり返してみる。
放送コードに引っかからなければ、近日公開。
期待外れのグロさなら、悲後悔。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。