スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉がうるさい

勿論そんな訳はなくて。
ただ、蝉がうるさい時分に休眠していたオキザリスが目覚めたってだけなんだ。

・・・。



Oxlis monophylla
20111104_Oxalis monophylla

3枚の小葉を持つ一般的なオキと異なり、単(mono)葉(phylla)が独特な、
昨年暮れの国際多肉植物の例会で入手した南ア原産のオキ。
昨年は1枚だけだったのに、既に6枚も出葉。
オキってこんなに増えるもんだったの。
将来性抜群、とか言っていられないレベル。
やや困惑。

販売元のギャラリーで花が見られるよー(コチラ



Oxlis tomentosa
20111104_Oxalis tomentosa_1

20111104_Oxalis tomentosa_2

「あり得ないところから手が生えてきたよ、ママンっ」
そんなホラー。いや、本当のホラーは、最終的に指が20本くらいまで増えることなのだよっ種小名は「ビロード毛のある」でmonophyllaと同じ原産なり。



Oxlis massoniana
20111104_Oxalis massoniana

赤い葉柄と花柄に針葉が普通のオキと趣を異にする。
これも南ア原産。
徒長しているように見えるのは徒長しているからでーす。テヘッ。
その度合は想像にお任せするよ。って想像するまでもない?w
オキの萌えPは草にあるので、花は1度見られれば十分。
と思っていたが、2度目の今回も嬉しいもんだった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。