スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂お父

「解答用紙の氏名欄に『なでしこジャパN』と書いて、0点を取ったそうだな。そのような愚挙に及ぶまでの経緯を原稿用紙100枚程度で力説せよ。」

ガッッッシャーン!!
父、至極冷静な面持ちで、ちゃぶ台返し。
のち、母に空の茶碗をすっと差し出す。
でたーーっ
左手ちゃぶ台返しからの右手おかわり。
箸はどうした?手づかみか?
そんな古き良き昭和時代の夕餉の食卓。

なんつって。




偶然、「なでしこ」というキーワードが飛び出したので(え
昨日のロンドン五輪アジヤ最終予選、韓国戦について。

FIFAランキングは日本が4位、韓国が16位。
結果は2-1でなでしこの辛勝。まあ、ランク通りの妥当な結果。
しかし、実際は、韓国が日本を凌駕しランクは完全に逆転、な試合内容。
前半を見逃したので、後半だけの印象に過ぎませんが。。
結果が全て、内容は二の次。
だから、良しとしようじゃないの(どんだけ上から目線なんだ

マスコミがFIFAランクを持ち出して対戦国の格付けを安易にするのは仕方がないとして、
見る側はそれに惑わされないようにしないとな、という思いを新たにした試合でした。

ちなみに、2011年8月24日に発表された男子の最新ランクでは、
日本はフランスやコートジボワールと並び15位。
よもやフランスと肩を並べる日が来るとはね、
Jリーグ発足当時はプロとアマほどの実力差があったので、想像もつかなかったよ。
って当然じゃん、発足するまでアマだったんだから!
そんなツッコミは置いといて、
肩を並べたといっても、フランスが格上であることに異論を唱える者はいないだろう。
欧州各国の主要リーグのトップクラブで活躍する選手を見れば、それは誰の目にも明らか。
例えば、狩るぅとか、刈るぅとか、泥ぐはぁっとか、釣れとか、連れとか。
って全員ジボワール代表じゃんか!
そんなツッコミは置いといて・・・。


Rauhia peruviana
20110805_Rauhia perubiana

終生2枚の葉が伸び続け、原生地には2000年生の・・・ってそれは別の植物。
似ているけれども(いや全然)
先月輸入したモクレン網(被子植物)キジカクシ目ヒガンバナ科ラウヒア属のぺるびあな?
ペルー北部の高度1000mから1500mの渓谷に自生する植物らしい。(今調べた)
後方に写り込んだ芋径10cmのアデニアから、その大きさが察せられますね。

とりあえず、手さぐり栽培、開始。


・・・何だか植物がオマケみたいになっていやしないか?


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。