スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグバザール 2011年 秋

このクソくだらない世界で、

時に生を希求し、
時に死を希求し、
時に世間の荒波にもまれ、
時に波風の立たない浅いプールで溺れかけ、

「I'm a creep」と卑下する日々。





そんな某に天から差し出された一筋の光明。
蜘蛛の糸。
手繰り寄せ、しがみつき、上へ上へ昇る昇る。

苦心惨憺の末に昇りつめた某を待ち受けていたもの、それは・・・。


20111106_ビッグバザール2011秋_1

国際多肉植物主催、多肉植物とサボテンの一大即売会。

私はこのイベントを「ビッグバザール」と名付けたよ。

・・・冗談なんだぜ、一切合財。
イベントは本当(分かってる)


さあて、会場内に足を踏み入れるとしよう。



「ザ・ワールド 時よ止まれ!」























「そして時は動き出す!」



20111106_藤川商店@ビッグバザール2011秋

バァァァァーーーーーーーーン♪

ってわざわざ時を止めるより普通に歩く方が早いっていうね。

このブースで何度かスタンド(もちザ・ワールド)を発動させ、ウハウハしちゃったのち。



「ザ・ワールド 時よ止まれ!」























「そして時は動き出す!」



20111106_ビッグバザール2011秋_2

バァァァァーーーーーーーーン♪

どこでもドア的な能力も修得済み。
・・・全てマジなんだぜ。


嘘に決まっている。

すいません。色々と。
少し反省しております。


で、さ。

マッソニアやラケナリアなどの球根を出品するブースが、昨秋と比べ増えたように思う。
価格も総じて求めやすく、ワンコインで買えるものもちらほら。
マッソニア・プスツラータ(旧ロンギぺス)なんて、300円で叩き売りされていたり。
(すぐ売れたが)

これじゃF川さんの商売あがったり?

なーんて心配は要らない模様。
今、エリオバブルが到来中みたいだから。
開場早々F川ブースに人が殺到し、飛ぶように売れていた(つか取り置きされていた)
例えエリオバブルが終わったとて、魅力的な植物を矢継ぎ早に開拓してくださるでしょうね。


あと、前回の記事で紹介したバびアナ栗スパとトリトニア栗スパが
思っていたより高価だったのが意外。
オクに出品すればウハウハかも?(しないけれど)



会長ブースにも魅力的な植物が盛りだくさん。

20111106_ラフィオナクメ・ガルピニー

真っ白なイモですよ、間違って調理しちゃダメですよ、奥さん!

値札が付いていないものが結構あり、伺ってはおいそれと手にできる品物でないことが判明、
ビビって鉢を落としそうになったり。ちょっと大げさ。
エリオバブルはこちらにも波及しているらしく、
会長の後方には取り置きされたと思しきエリオたちがごろごろ。
例え新聞紙で覆われていたとて、某には分かるぞw
どうやら特定の人が買い漁ってるっぽい?w

物色中に、シンガポーからのお客さんと会長のやり取りを聞けたのも貴重だったかも。

「あーゆーあすつーでん?」
「いえす、あいあむあぺん」

とか・・・某のヒアリングに難があることを付記しておかねばなるまい。

ちなみに、会長ブースでは写真集未掲載のアナカン(アボニア)が1番の収穫でした。



最後に、気になった植物を少しだけ。


Eriospermum aphyllum (N.Karoopoort)
20111106_Eriospermum aphyllum(N.Karoopoort)

500円では買えない、残念ながら。


Eriospermum appendiculatum
20111106_Eriospermum appendiculatum

はよ休眠から覚めておくれ。


Eriospermum dregei
20111106_Eriospermum dregei

あと2人でバレーボールチームが組める。


Eriospermum folioliferum
20111106_Eriospermum folioliferum

葉が展開し付属器が露わになった時がクライマックス。


Eriospermum paradoxum
20111106_Eriospermum paradoxum_1

「なかなか市場に出回らないからねー1万円」とおっしゃっていた。
何? めずらしー鉢なの?
パラドクサムの相場をご存じであればここで笑いが起きる・・・はず(自信はない


Eriospermum paradoxum
20111106_Eriospermum paradoxum_2

ピンボケでも魅力は十二分に伝わるよね。


Eriospermum proliferum (ES3080)
20111106_Eriospermum proliferum

はよ休眠から覚めておくれ。つまり、ダブったorz


Eriospermum pubescens
20111106_Eriospermum pubescens

種小名は「軟毛ある」の意。葉はつるつるなので、プベスケンスかどうか、あやすいー。


Eriospermum sp.(Pofadder,NW.Cape)
20111106_Eriospermum sp. (Pofadder,NW.Cape)

葉縁が若干黄色に変色しているのが不安感を煽る。


Eriospermum sp.
20111106_Eriospermum sp.

エリオ本がほすいー。



さて、前掲の中に購入した種がいくつか含まれています。
どれだか分かりますか?w

ヒント↓

①産地情報付きは持ち帰った可能性大
②来年に期待する株があるかも
③迂闊にも1種ウチのとダブっちゃったーorz
④入場時より退場時の方が財布が重いのは何故なんだぜorz



今あるものを愛すること。
それだけで幸せになれる。

ただ、エリオに関しては・・・。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する
«« 痔・END | ホーム | UEKAE »»

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。