スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「札落ちる」からの「札落ちない」

記憶にございません、

20111112_Crassula saxifraga_1

20111112_Crassula saxifraga_2

な植物。

何かと邪魔だってんで、鉢からラベルを抜くことが多い。
抜きっぱなしにすると、休眠中に地上部が枯れるタイプの冬型球根の場合、
枯葉が風で飛ばされ土だけになり、札落ちる。
今夏はそんな鉢を量産。
だが無問題。
秋に休眠から明けて出葉すれば大概思い出せるので、札落ちない。
しかし中には、つーかひと鉢だけ、出葉後もどーしても思い出せないヤツがあった。
冒頭のね。


20111112_Crassula saxifraga_3

ガクが可愛いハアハア・・・って言ってる場合か。

思い出す兆しなく、札落ち確定か、と半ば諦めかけていたところ、
先日、販売元のスピナサのサイトを見て思い出せた。

http://www.facebook.com/speciesnursery00#!/photo.php?fbid=305444126132605&set=pu.268589543151397&type=1&theater

http://www.facebook.com/speciesnursery00#!/photo.php?fbid=305444002799284&set=pu.268589543151397&type=1&theater


ウチのと似てる!
そーいや昨年暮れの国際多肉植物の例会でF川さんから冬型クラッスラ買ったっけな。
当時の記事を読み返し、入手時の画像を発見。


Crassula saxifraga (Jonaskop)
20111112_Crassula saxifraga_5


いやースタッフ総出で必死に探しました。
そして、遂に見つけました。
あなたに会いたがっていましたよ!

・・・。

ウチのはアルキコルニスじゃなくサキシフラガですが。
入手後ほどなくして休眠したので、全然印象に残っていなかった。
去年と異なる草姿、思い出せないのも無理はない(笑
何処が異なるかは面倒だから説明しなーーい。


20111112_Crassula saxifraga_4

今日の様子。


サキシフラガは、「岩を割る、岩を砕く」の意。
以下、岩場に生えるクラたちの画像満載。

http://public.fotki.com/RobertMaijer/geophytic_crassula/



ところで、ウンベラが目覚めの時。

20111112_Crassula umbella

って何処だ?w

1センチくらい穿り返すと小さな生命の息吹を感じられますので、

やってみて!


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。