マックロコロスケナリヨ?

南ア原産の冬期生育型球根植物、ストルマリア属。

Strumaria truncata
20111113_Strumaria truncata

半月程前に覚醒した、たらこクチビルが特徴的なキミの流通名は確か、
アナゴさん? それともムサシさん?

・・・。




未だに休眠中のもう一種。

Strumaria unguiculata
20111113_Strumaria unguiculata_1


そろそろ枯葉毟っとく? と鉢を手に取ったら・・・。


20111113_Strumaria unguiculata_2

枯葉が邪魔して気付かなかったが覚醒済みでしたー。
一瞬Gかと思って落としそうになったぞ。



20111113_Strumaria unguiculata_3

それにしても、黒紫の葉色がスゲェ。
一躍、日陰組から陽向組に昇格したのは言うまでもありません。



20111113_Strumaria unguiculata_4

昨シーズンの画像。
生長するにつれ、普通の色になっちゃうのがなんとも惜しまれる。
今年は葉数が2枚に増えた。
どうやら葉数は通常2枚、たまーに3枚らしい。
来年辺り、初開花が期待できるかも。

unguiculataは「爪状の部分のある、根元でくびれて爪状の」の意。


「属中最希少種だが栽培は難しくない」

海外の某業者の売り文句。
それが本当なら、学名で検索(国内サイト限定)してもほとんどヒットしないはず。
yah○○で試してみると、果たして、ヒットしたのはあれとあれ(どちらも超有名ブログ)
しかし、あれの方(どっちだ)は学名のみで画像なし。
マジか、そりゃないぜー。
学名を載せるなら画像も一緒じゃないとダメじゃんか!
と思った次第。



冬型球根が大分出揃ってきた我がベランダ。
永眠の恐れがあるのは残すところ以下4種。

Eriospermum appendiculatum
Eriospermum folioliferum
Eriospermum dregei
Lachenalia pusilla

キミたち、早く目覚めなさい。
ワタシは、謝りなさい。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード