スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風、ときどき土にダイブ

2週間くらい前に多肉植物売り場がリニューアルされたOFP。
行きたいけれど遠いからなーと二の足を踏んでいたのだが、
昨日、ツイッターで、サルヒトの「OFPにF川ブランドの球根があった」
と解釈できる呟きを見て踏ん切りがつき、新たな冬型球根入荷の期待を胸に、
今日行ってきた。
道中、電車の中で、恒川氏の最新刊(といっても刊行は1年以上前)を読む。
これが実に面白くてのめり込み、すんでのところで乗り過ごすところだった。
まあ有意義なひと時で。
例え、目当てのF川ブランドの球根がなかったとしても、徒労ではないさ!

そうやって慰めるしかないっていうねw

つまり、目当てのものは絶無だったわけです、殺人的なまでに。
ま、電話で問い合わせりゃ一発で済むって言われればそれまでの話。

で、だ。
リニューアルされた売り場は先月のフェア会場とほぼ同じ場所。
日当たりが悪く、徒長にはうってつけで、球根類はちと厳しいかなーって感じの。
これじゃ冬型球根の入荷はないかもと不安を抱きつつ、
品揃えは先月のフェア時と同じだったから(多分)、早々に立ち去り、温室の方へ。

温室の片隅には、レデボ、ドリミ、キルたん等々、
今春入荷分の売れ残りと先月のフェアの売れ残りが置いてあった。
恐らく幾度も手に取ったであろうそれらを今一度手に取りしげしげと眺め、
折角来たんだから記念に、とそのままレジに向かいそうになる自分を戒めつつ、

結局、植物は何も購入せずOFPを後に。



20111120.jpg

植物の代わりに(と言ってはアレだけど)、
ルビダの傾きつつある花茎を支えるための支柱を購入。
(支柱の自作とか面倒で無理!なヒトなのでー)

で、「支柱挿すべー」とベランダに出てみて、ルビダ鉢の異変に気づいた。



Lachenalia rubida (Red leaf)
20111120_Lachenalia rubida_1

既に何か刺さってる!
良く見たらドルス・ザンジバリカの枝がダイブしてる?
ナゾだ。
昨夜吹き荒れた風が枝を折って行った、とは考えられる。
しかし、折ることはできてもダイブさす芸当など、てんで無理なはず。
であれば、
自分の意思でダイブしたか、あるいは誰かがグリグリねじ込んだか。
もちろん後者であり、私はプンスカ、プンスカ、スカプンプンであります。
犯人は、私か、母か、飼いヘビか。
って私じゃないし、飼いヘビでもないし(そんな芸当仕込んでないので!?)

後で母に尋ねたところ、
ポキリン(折れた枝のこと)を拾い上げて、近くのルビダ鉢に挿したとのこと。
ポキリンとは言ってなかったか・・・。

さて、どうしたもんだ。
面白いからそのままにしてみようかw



20111120_Lachenalia rubida_2

1ヶ月前はこんな感じ。
球根植物の何が楽しいかって、萌芽から開花に至るまでがあっという間で、
その生長っぷりが手に取るように分かることですよねー♪

って気付いたら開花していた訳だが!
・・・。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。