霊界へ

本日、1年ぶりに参加。

10時前にツイッターでF川さんの参加を知り、急いで準備をして出かけるも、
神奈川の端っこから会場までは2時間半かかるので、12時の開場には全然間に合わず。
到着した頃には既に1戦交えた後のようで、F川さんブースにはまばらな人。
もうね、ホントやめてほしい、当日の告知は・・・。

F川さんから購入したものは後日紹介するとして、
今回は会長ブースで購入したものを紹介します。
中には掘り出し物があるかも?!



Albuca osmynella syn. Ornithogalum osmynellum
20111225_Ornithogalum osmynellum

「オーニソの何か、写真集第2巻に掲載」と会長。
F川さんに心当たりを尋ねてみたら、
「オなんとかかな(覚えられない)。写真集の種小名は誤記」とのこと。
確かに写真集の表記、Ornithogalum osnynelludで検索してもヒットしない。
なので、学名はコチラのサイトを参考にしました。
Red Data speciesとあるんですが、マジですか?

イモ径は1センチに満たず、夏に輸入したsardieniiより小さいかも。



Lachenalia trichophylla
20111225_Lachenalia trichophylla

長毛の生えるタイプは珍しいらしい。
空輸中と思われるオーキッド似のラケも長毛タイプだったから、到着したら比較してみたい。



Drimia platyphylla
20111225__Drimia platyphylla

ひょんなことからワンコインで入手。
短毛が密生する良タイプだったのでつい手が出ました。


今回、出遅れたこともあり、目的である新規エリオ入手は残念ながら叶わず。
入手済のものしか残っていなかった。
ただ、品評苗のエリオ3種が素晴らしく、
間近で見られただけでも参加した意義はありました。
と慰めてみる。


Eriospermum zeyheri
20111225_Eriospermum zeyheri


Eriospermum ornithogaloides
20111225_Eriospermum ornithogaloides


Eriospermum lanuginosum
20111225_Eriospermum lanuginosum


付属器が付かなくても十分魅力的ですねー。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード