スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鶴仙園 2011年 秋のサボテン・多肉植物フェア」で衝撃の出会い

生捨。

5時半に起床し、6時半に家を出る。
だって、少し手を伸ばせば天下の険を掌中に収められる僻地に在住だもの。
っていくらなんでも早すぎだぞと突っ込んだ貴方は正しい(いる訳ないけど
僻地つっても湘南新宿ラインで直行したら、9時前に屋上に到着できちゃうわけで。
にも拘らず、そんな時間に出発したのは、行きしなに都内某所に寄り道をするため。
どこに寄ったのかは後日明らかになるかも。


で、


20110917_2011年秋_鶴仙園_サボテン・多肉植物フェア_1

うわぁーん、寄り道しすぎて開店ダッシュに失敗ー(>_<)

気になる植物を見かける度にコンデジを構えたんだけれど、
結局、撮影したのはこの1枚だけ。
だって、シャッターを押し忘れちゃったんだもの!
うっかり屋さん。



20110917_2011年秋_鶴仙園_サボテン・多肉植物フェア_2

なんつって。

コレは恵比寿笑いゆーねん。値札は見たらあかん。
高嶺の花、仰天価格を知って寿命が縮むねん。
ところで、ミニカー誰のやねん。

あ、乗っかっていなかったら、間違いなく撮っていません、
ミニカーにしか興味がないので(ウソつけ

若大将が、人は写すべからずという条件で撮影を快諾してくださったのですが、

人でごった返した会場じゃん?
すべからく写り込んじゃうじゃん?

例えば、

20110917_2011年秋_鶴仙園_サボテン・多肉植物フェア_3

脳みそ。
てーへんだ。子供が見たら泣くよ。アタイ泣いたよ(泣いてませぬ


他には、

20110917_2011年秋_鶴仙園_サボテン・多肉植物フェア_4

手。
心霊写真みたいでちょと怖い。子供が見たら泣くよ。アタイ泣いたよ(泣いてませぬ
写っているのはアルストニー、クラシカウレ、ヘレーなど。
奥のバリボー大のタマはブーファン・ディスティカ。


ま、顔が割れなければオッケーですよねってことで載せちゃう、断腸の思いで。

・・・。


今回は、
欲しいものがなければハオに手を出そうかなと(ついに!)、そんな思惑で参戦。
しかし、かねてより見かけたら是非にと思っていた数種に出会えたので、
ハオは次回以降に持ち越しとなりますた。


では、
購入品をひとつだけ紹介。(残りは後日)
個人的にはどストライクだけれど、ほとんどのヒトはスルー確実な植物を。


Eriospermum sp.
20110917_Eriospermum sp_1

何の変哲もない葉っぱが1枚、ニョーンと生えているだけでつまんね、
と見向きもされない可哀相なヤツ(と勝手に決めつけ


20110917_Eriospermum sp_2

いやーしかし、
スピナサの専売特許であるところのエリオに、しかも超レアな夏型に、
よもや屋上で出会えるとは想像だにせず、
衝撃のあまり対峙した時は微動だにせず(アタイが)
驚きのあまり「うほほーい」と叫びそうになちゃたよ。
いや、「うほっ」くらは口走ちゃたかもちんない。


20110917_Eriospermum sp_3

露出した塊茎から少し離れた地点で出葉。
どこから顔を出すのか分からない感じがポイント高し、好きだー。

夏型で葉が萎れ始めたら水遣りストップ冬断水、で夜露死苦(縁起悪ぃ


20110917_Eriospermum sp_4

今春、神代で展示されていた恐らく同種。
F川さんもコイツは珍しいよと言っていたっけ。


欲しかった多肉に出会えたし、天気が崩れる前に帰宅出来たし、
早起きはするもんですねー。
諭吉2枚とオサラバしたけどw


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。