スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月8日は日曜日でした。

「充実した」で修飾しないとおマヌケ全開なタイトルになる。まあよい。

日曜は新年大会と世界のらん展をハシゴしました。
ダンターグとロックブーケの2連戦。

まずは新年大会で気になった品評会の出品苗から。


20120109_3.jpg

『でっか』
掌サイズに驚嘆すると同時に置き場所に困ると思ってしまうのは、
ベランダ栽培者の悲しい性。


20120109_5.jpg

何度見ても見飽きることがない。惚れ惚れ。


20120109_6.jpg

配置が絶妙。真似しよう(無理か)


20120109_2.jpg

卓球のラケット挿し。


20120109_4.jpg

随分早い開花ですね。ウチのはベランダ放置で咲きそうにない。てかそれどころじゃない?


20120109_1.jpg

新たな沼を発見してしまった・・・。喜ぶべきか悲しむべきか?



無理やり欲求に蓋をした甲斐があり、購入は2種に留まる。
(蓋はらん展であっさりと吹き飛んだが!)


Eriospermum aff. paradoxum
20120109_Eriospermum aff. paradoxum

パラドクサムじゃないかな?ってことですね。
付属器の分岐がパラドクサムより若干少ない気がする。


Othonna rufibarbis
20120109_Othonna rufibarbis

札記載の「rutibarbis」で検索しても全くヒットせず。
「rufibarbis」じゃないですか?と聞かれるので再検索したら、海外サイトが若干数ヒット。
結局、なーんも分からん。
オトンナらしい葉だなーとしか。ってそれ感想に過ぎないから。


新年大会は9時に会場入り。
らん展がオレを待っているってことで、後ろ髪を引かれる思いで、11時の開会を待たず退場。
山手線で一路池袋を目指す。(内回りに乗車するうっかりミスを犯しつつ)
新年大会の心残りは、収支報告が聞けなかったこととお弁当が食べられなかったこと(ウソつけ

池袋到着後、新年大会にヒトが流れて貸切状態の某屋上に寄り道。
時節柄、多肉の品揃えが寂しかったので、滞在は僅か15分。
それでも収穫はあった。


Eriospermum sp. affinis E.lanceifolium
20120109_Eriospermum sp. affinis E.lanceifolium

Rさんが昨秋のBBで販売したと記憶。(現在はオンラインショップで販売中)
鉢が同じなので多分仕入れ先は同じ。

購入の決め手は行儀よく直立した葉。
とはいえ、暴れた葉もあるにはある。(写真に収まらない手前の2葉)

どうでもいいけど、イモはキNタマ袋に似ているでござーますな。


さて、某屋上を後にし、らん展会場のサンシャインシティへ。


(中略)


らん展会場を後にし、屋上の水族館へ足をのばす。(当初の計画通り)
しかし、屋上行きのエレベーターの前には行列が出来ていて、「30分待ちです」と係員。
踵を返す。あっさりと。
待ったところで、さらにチケット購入待ちがあるだろうし、混雑で撮影どころじゃないだろうし。


らん展ですか?
生まれて初めて食虫に手を出しました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。