スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷点下に挑むユーフォルビアに後光が差して

流石に1年で最も寒い週と言われるだけあって、
積雪とは無縁の、関東で最暖(と勝手に想像)の当地でも連日氷点下を記録。
一昨日に至ってはマイナス3.5度。
温度計が故障中につき、気象庁の観測データによるとだけれども。


今回は、ちゃむーいベランダで頑張るユーフォ達にスポットライトを当て、
心ばかりの暖をとってもらおうち寸法なり。
(そんなんで暖をとれるのかは、甚だ疑問であるが!)


Euphorbia suzannae-marnierae
20120128_Euphorbia suzannae-marnierae_1

一番小さいサイズを指定したのだが、届いたのは想像以上のデカブツだった・・・。
破格の安値、12ユーロ。


20120128_Euphorbia suzannae-marnierae_2

過酷な環境であれば、紫に変色するのも止むを得まいて。



Euphorbia silenifolia(double headed)
20120128_Euphorbia silenifolia_1

ユーフォには珍しい(らしい)冬型種。他にシングルベッドやトリプルヘッドがある。



20120128_Euphorbia silenifolia_2

隣は南ア原産の球根、Cyrtanthus elatus
並んでも違和感ないのは、共に皮針系の葉ゆえか。

置き場はベランダの手すりの上。
今朝の地震で、震度4程度なら微動だにしないことが判明したものの、正直ビミョー。
置き場が逼迫(いつの間に?)していることを加味しても、やはりビミョー。



Euphorbia capsaintemariensis
20120128_Euphorbia capsaintemariensis

キミノナマエナンダッケ?ダンダンワカラナクナッテー(超冷遇)



もうすぐ春さ。それまでベランダで頑張ろうぜーみんな!

返事がない、ただの屍のやうだ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント:

管理者だけに表示する

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。