スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年大会? ビッグバザール? どっちなの?

どっちでもいーです。



20140112_1.jpg

弁当いらねーからさ、と思った訳ではないが、1500円もの参加費を支払う気になれず入口で引き返した。そんなわけで、会場内の様子は、入口から撮影した画像で適当に脳内補完でもなさってくださいませ。



20140112_2.jpg

20140112_3.jpg

引き返す前にチラッと中を覗いてみたら、品評会に出品されたブーファンやエリオなどが見えた。もとい、見えた気がした。



20140112_Euphorbia piscidermis

20140112_Tylecodon bodleyae

もし参加費を納めて入場していたら、恐らくEuphorbia piscidermisTylecodon bodleyaeを購入していただろう。他にもあんなものからこんなものまで色々手を出して新年早々やらかしちゃった。じゃなくてやらかしていただろう。あくまで、にゅ、入場していたらの鼻血。じゃなくて話。


2013年秋の神代植物公園「サボテンと多肉植物展」

9月25日(水)、今日から始まる展に行ってきた。帰りの電車内で、デジカメが何故か白黒設定になっているのに気付いたよテヘッ。



20130925_1.jpg

行きの南北線の車窓から。咲き始めた彼岸花が実に鮮やか。



20130925_2.jpg

車内では隣りに座った人が、なんとBRUTUS2012年8月15日号を読み耽っていた。



20130925_3.jpg

神代植物公園に到着。見上げると、雲ひとつない爽やかな秋晴れ。おや、目を凝らすと、画像中央付近に何やら未確認飛行物体が写っているではないか。画像を拡大してみると・・・。



20130925_4.jpg

何てことはない、異星人であった。気にせず券売機にて入場券を購入する。



20130925_5.jpg

さすがに初日だけあって平日にもかかわらず盛況。



20130925_6.jpg

最も気になった展示植物。学名を控え忘れたので、名前は全く分からない。




20130925_7.jpg

最後は恒例の購入品披露。置き場もないのまたこんなに買ってしまった。前列がSNブース。後列が会長ブース。


そんな感じだ。


※画像と本文がちぐはぐなのは、本文を書いたのが一週間前だからである。説明するまでもないが。


JRS2013

「爬虫類」を「はちゅう(はあと」と略して言っても全然許されるお年頃の私(♂)ですどうも。で、行ってきた。

20130804_1.jpg

20130804_4.jpg

20130804_2.jpg

20130804_3.jpg

20130804_カメルーンストライプフラットミリピード

20130804_Liophis melanotus nesos


以上がレプショー会場で撮影した写真である。

【画像1】
2階から会場全景の撮影を試みたが失敗。誰かパノラマ撮影の仕方を教えてくれ。ステージ上では爬虫類コンテスト(確か枕詞が付いた気もするが思い出せない)なるものが開催されていた。

【画像2】
白輪氏による危険な爬虫類の取り扱い講座の一幕。って白輪氏が写ってない・・・。

【画像3】
ヒヨケ~ピヨピヨ♪

【画像4】
アリ屋にてアリ以外を撮影。サソリモドキ(どこのブースで見たかは失念)も撮っておけばセカチュー勢揃いだったのに惜しい。

【画像5】
そろそろ会場を後にせねばと腕時計を見る。おっと、もうこんな時間か。そういえば、行きの電車内でウトウトしていたら、「間もなく九時です」という車掌のアナウンスにビックリしたのだが、何てことは無い、富士を空耳しただけであった。(富士駅あるある)

【画像6】
会場入り前にブレデフォ(2012年10月発売の3DS用ソフト)を起動し、会場内で何人とすれ違い通信ができるか?という壮大な実験をしたことはココだけの話だ。

【画像7】
そんなレプショーであった。


夏のBB!

スッパイマンが沖縄土産であることを知った瞬間が今日のハイライト。


20130602_1.jpg

「これとこれくださーい」
「あ、こっち値札付いてないけど大丈夫?」
「あら本当。いくらですか?」
「1000円ぐらいかな」
「なら大丈夫です(ぐらい・・・?)」

・・・と、ここに写っているチラと写っていないチラを購入。


Chiloschista parishii
20130602_Chiloschista parisii_1

スピナサの隣ブースで購入した初めての無葉蘭。とりあえず属名かっこよずぎ。驚くことに11月から断水中で、花が咲き終わるまで水遣り不要だとか。どうでもいいけど右下にも今日購入した植物がー。


20130602_Chiloschista parisii_2

室内で撮影したらよりホラー色が濃くなった?知らない人が見たら植物だと気付かないかも。これを見つけた母上がどんな反応を示すか非常に興味深い。(購入したことを告げずに室内の多肉ラックの前面に吊るしておくとか・・・。)


Isabelia virginalis
20130602_Isabelia virginalis

別にブームが到来したわけではないが着生もう1種。オルニソ辺りの球根を無理矢理着生させたらこんな感じになるか。説明を聞く限り初心者でも逝ける行けると判断し購入に踏み切る。種小名にある通り純白の花を咲かせるようだ。


これで春と夏のBB記事が新着記事一覧に存在することになった。普通のブログなら、もうどんだけ更新さぼってんだよ!ってなるけど、ここは法螺ほら普通じゃないから。


金曜夜勤→東レプ→土曜夜勤→逝く←今ここ

「かくかくしかじかで今晩も出てください(この大変な時期に3連休ブッコいてんじゃねーぞコラ!)」
「はい、出ます」
「プーップーップーッ」
「・・・」

天地がひっくり返ってもこの日は休む!と個人都合あり休をだいぶ前から申請&承認されていたというのに、東レプ行きしなの電車内で急転直下反故にされ、テンションダダ下がりの参戦となった。


20130520_1.jpg

画像は某政府ブースで販売されていたセカチュー(学名は Damon variegata)。某政府ブースは奇虫中心の品揃えで、蛇はブースの片隅に数種が置かれる程度だが、その中のユリアツヤヘビ、某政府が過去に1度輸入したのみでほぼ国内未流通の激レア種、に惹かれた。


20130520_2.jpg

会場内で目にしたツヤヘビは他に3種。脱皮直前と思われるアノマルス(画像)、アロー、キララの眼福にあずかる。


※書きかけではありません。


プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。