スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年9月

「ちょっと出かけてきます」
「あら、どちらへ?」
「ロックブーケへ」
「行ってらっしゃい」
「えっ?」

母上とのそんな嘘やりとりから始まる鶴仙園のサボ多肉フェアの初日に行ってきました記事でござるよ。




20140921.jpg

午前11時30分頃

見たことのない行列に目を疑う

恐ろしさのあまり戦慄く

大分おおげさだけど

ちなみに合成ぢゃないよ

本物だよ

もちろん行列のことだけど

こんなに並んで、今日は何かイベントでもあるんすかね?

というボケはさておき

こんなに並んで、ショップ内においしいラーメン屋でもできたんすかね?

というボケもさておき

場内推定3万人

「だるまさんが転んだ!」と叫び

何事か?!とみんなが訳も分からずとりあえず静止しているあいだに数えたんで間違いない

・・・

くだらんこと書いてないで、さっさと購入した植物を紹介するとしようか

来月中旬に海外から荷が届く予定なので、今回は(も)少数精鋭で



Pseudolithos harardheranus
20140921_Pseudolithos harardheranus

ラベルに「herardheranus」とあるが、ソマリアのharardhereに自生しており、正しくは「harardheranus」。ラベルの名前でサキュレント468号の表紙を飾っているので、間違えて覚えている人もいそう。


20140921_Pseudolithos harardheranus_Pseudolithos cubiformis

2年前の同フェアで購入した同属のP.cubiformisとの比較。外見が酷似していてほとんど見分けがつかない。シャッフルされたらどっちがどっちだか確実に分からなくなるねコレ。


Aloe thorncroftii
20140921_Aloe thorncroftii

鮫肌で有名なトルンクロフティ。近縁種にA.La'cryma Christi があるとかないとか。


セカチュー

20140518_1.jpg

ウデムシ(チュドーン)。



20140518_2.jpg

サソリモドキ(ズババーン)。



20140518_3.jpg

ヒヨケムシ(ドンガラガッシャーン)。



効果音に意味はない。



あとこんなのも・・・。



20140518_4.jpg

ヒヨコムシ(ピヨピヨ)。



そんなわけで、東レプ初日に行ってきました。
石を投げれば奇虫に当たるといっても過言ではあるくらいたくさんの奇虫がいたなー。
開場10分後に会場に到着したんだけど、入場待ちの長蛇の列が凄いのなんのって。多分874人位。


もちろん数えてないけど(3人目で諦めたー)。



最後に、おいくら百数十万円?なこんなオカタを。もといおタカを。


20140318_5.jpg

コウモリハヤブサ(だっけ?)


新年大会? ビッグバザール? どっちなの?

どっちでもいーです。



20140112_1.jpg

弁当いらねーからさ、と思った訳ではないが、1500円もの参加費を支払う気になれず入口で引き返した。そんなわけで、会場内の様子は、入口から撮影した画像で適当に脳内補完でもなさってくださいませ。



20140112_2.jpg

20140112_3.jpg

引き返す前にチラッと中を覗いてみたら、品評会に出品されたブーファンやエリオなどが見えた。もとい、見えた気がした。



20140112_Euphorbia piscidermis

20140112_Tylecodon bodleyae

もし参加費を納めて入場していたら、恐らくEuphorbia piscidermisTylecodon bodleyaeを購入していただろう。他にもあんなものからこんなものまで色々手を出して新年早々やらかしちゃった。じゃなくてやらかしていただろう。あくまで、にゅ、入場していたらの鼻血。じゃなくて話。


2013年秋の神代植物公園「サボテンと多肉植物展」

9月25日(水)、今日から始まる展に行ってきた。帰りの電車内で、デジカメが何故か白黒設定になっているのに気付いたよテヘッ。



20130925_1.jpg

行きの南北線の車窓から。咲き始めた彼岸花が実に鮮やか。



20130925_2.jpg

車内では隣りに座った人が、なんとBRUTUS2012年8月15日号を読み耽っていた。



20130925_3.jpg

神代植物公園に到着。見上げると、雲ひとつない爽やかな秋晴れ。おや、目を凝らすと、画像中央付近に何やら未確認飛行物体が写っているではないか。画像を拡大してみると・・・。



20130925_4.jpg

何てことはない、異星人であった。気にせず券売機にて入場券を購入する。



20130925_5.jpg

さすがに初日だけあって平日にもかかわらず盛況。



20130925_6.jpg

最も気になった展示植物。学名を控え忘れたので、名前は全く分からない。




20130925_7.jpg

最後は恒例の購入品披露。置き場もないのまたこんなに買ってしまった。前列がSNブース。後列が会長ブース。


そんな感じだ。


※画像と本文がちぐはぐなのは、本文を書いたのが一週間前だからである。説明するまでもないが。


JRS2013

「爬虫類」を「はちゅう(はあと」と略して言っても全然許されるお年頃の私(♂)ですどうも。で、行ってきた。

20130804_1.jpg

20130804_4.jpg

20130804_2.jpg

20130804_3.jpg

20130804_カメルーンストライプフラットミリピード

20130804_Liophis melanotus nesos


以上がレプショー会場で撮影した写真である。

【画像1】
2階から会場全景の撮影を試みたが失敗。誰かパノラマ撮影の仕方を教えてくれ。ステージ上では爬虫類コンテスト(確か枕詞が付いた気もするが思い出せない)なるものが開催されていた。

【画像2】
白輪氏による危険な爬虫類の取り扱い講座の一幕。って白輪氏が写ってない・・・。

【画像3】
ヒヨケ~ピヨピヨ♪

【画像4】
アリ屋にてアリ以外を撮影。サソリモドキ(どこのブースで見たかは失念)も撮っておけばセカチュー勢揃いだったのに惜しい。

【画像5】
そろそろ会場を後にせねばと腕時計を見る。おっと、もうこんな時間か。そういえば、行きの電車内でウトウトしていたら、「間もなく九時です」という車掌のアナウンスにビックリしたのだが、何てことは無い、富士を空耳しただけであった。(富士駅あるある)

【画像6】
会場入り前にブレデフォ(2012年10月発売の3DS用ソフト)を起動し、会場内で何人とすれ違い通信ができるか?という壮大な実験をしたことはココだけの話だ。

【画像7】
そんなレプショーであった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。